2017/06/13

170609 - PRODUCE 101 season2 [9회]

毎回ちゃんと見ていた訳ではないですが、MnetからUPされる動画は、ちまちま見ていました。Season1と同じく、35人の練習生によるオリジナル曲のポジション評価です。全5曲。この番組の良い所は、デビュー後の過程を、練習生の立場で味わわせてあげているところだと思います。

今回は、5曲の個人的な感想です。



"NEVER"

@Mnet K-POP

一番気に入ったのはこの曲。話題になるだけあって、この曲、すごく好きです♫

ペンタゴンのフイくんが作った曲だと言うことですが、彼もまだ新人と呼ばれるくらいのキャリアだけど、はやり曲作りの才能はキャリアに関係なく、個人に備わっている才能であると思います。

ミンファン、ものすごくかっこいい! 最初、彼が出てきただけで、「終わったね」って言っている子がいますが、それだけ印象的な登場、表情ができるということです。ジョンヒョンは独特の低い声で、今回はその声がすごく曲と合っていて、曲の良さも彼自身の魅力も引き出せた感じがしました。メインボーカル担当のキム・ジェファンはソロ向きじゃないかな? イ・デフィはぜひグループとしてデビューするのがいいと思います。

そして、わたしの推しはオン・ソンウです。今回はちょっと化粧が濃すぎ。彼の声も、舞台での表情もすごく好き。かっこいい^^ このまま11位以内をキープして、ぜひデビューして欲しいです!



"열어줘 (Open Up)"

@Mnet K-POP

この曲が一番観客の評価が良かったのか、Mカで披露した分です。Mnetの強みですね。

カン・ダニエルがかっこいい! ピンクの髪の時はそこまでいいとは思っていなかったんですが、この舞台はめちゃかっこいいですね。1位おめでとう。

ケンタくん、この舞台を最後に脱落してしまって、とても残念です。練習期間もまだ短いし、まだ若いので、ぜひ今後もがんばって、デビューしてほしいところです。日本人も韓国でデビューすることが増えてきました。日本でアイドルと言うと、系統が限られているので、それなりに世界でも認知されているK-Pop歌手の方が魅力に映るのだと思います。



"Show Time"

@Mnet K-POP

ニューディスコジャンルの曲。明るくかわいく、良い曲です♪

ユン・ジソンがここまで上位に来るなんて、誰も想定していなかったに違いない。本人だって、前回の3位に驚いているくらいなので。けど、彼は、すごく舞台映えするタイプだと思います。あくまでも個人的な意見ですが、メインボーカル担当のパク・ウダム、それから期待されていたキム・サムエルは、どこか惜しい感じがします。何か、というのは分からないけど、何かね、という感じ。顔の良し悪しではないはず。

イ・ウジンくんはまだ若すぎるけど、大人になったらかっこよくなるんでしょうか? そこら辺は、わたしにはよく分かりません^^;



"I Know You Know"

@Mnet K-POP

ファンクであり、シンクポップジャンルの曲。最近の、何とかジャンルというのは知らないものが多くて、よく分かりません。嫌いな感じじゃないです。

チャン・ムンボクも脱落しました。彼に関しては残念という感じはないです。出落ち感、半端なかったし、ここまでよく持ったな、という感想です。個人的に。彼はアイドルじゃなく、普通にヒップホッパーとして活動したらいいと思います。



アイドルっていうのは、歌手とかラッパーとかダンサーとか、それとはまた別の、もっとキラキラした、普通の職業とは全く別物の仕事だと思っています。



"Oh Little Girl"

@Mnet K-POP

かわいい系のHip-Hopジャンルの曲。チェ・ミンギとパク・ジフンのいるグループ。かわいいのをさせたら、この2人以上に上手な子はいないかもしれないです。でもミンギはものすごくかっこいい子なんです。

メインボーカル担当のチョン・セウンは、そこを任されるだけあって、歌が上手だと思います。ペ・ジニョンも上位にいる子だけど、今回はあまり目立たなかったです。個人的に注目していないという理由が大きいかもしれません。



https://youtu.be/skd3BAu5cJc

最新順位はこの動画他、いろいろUPされているので、確認してみてください。ケンタくんがとにかく残念ですが、Nu'estの4人が最後まで残ってくれたのは良かったです。

あとは、最後の生放送とデビューする11人の発表のみです。最後まで、がんばってね!!

2017/06/05

2017 月刊ユン・ジョンシン5月号 "여권 (Passport)"


@월간 윤종신

この曲もしっとりとしたバラード♫

この曲は、"출국 [出国]"と"도착 [到着]"に続く「飛行機シリーズ」の曲だそうです。"출국"(2001年)はハ・リムさんのソロ曲で、ジョンシンさんが作詞。"도착"は月刊ユン・ジョンシンの2012年5月の曲です。歌っているのは、パク・ジェジョンさん。

乗り物にまつわる歌はいくつもありますが、飛行機ほど遠くへ行けるものもなく、それだけに話や夢が広がるのかもしれません。






遠くへ行きたいなぁ、と思う反面、今の場所に引きこもっていたい気持ちが日ごとに変わって表れてきます。

2017 月刊ユン・ジョンシン4月号 "살아온 자 살아갈 자 (Fossil & Rookie)"


@월간 윤종신

今更だけど、やはり月刊ユン・ジョンシンはUPしときたいな、という個人的な事情です。まぁ、Blogなんてものは、すべて個人的なものです。

タイトルを和訳すると「生きてきた人、生きていく人」ということで、超意訳すると「過去の人と現在を生きる人」という感じですかね。MVもとても面白いですね。まだ生きてる人も出てますが、死んだ人もいて、ちょっと風刺的な映像になっていると思います。

毎月良い曲、好きな曲が多いけど、今年は特にどれもすてきな曲ばかりです♪