2018/05/07

MONSTA X, JAPAN 1st LIVE TOUR 2018 in 大坂 part.2

では続き^^




VTR ― 全員クリアして、最後の大切なピースを手に入れる。どうしてこれが重要なんだろう?

13. PUZZLE

@UNIVERSAL MUSIC JAPAN

ボールみたいなライトを抱えて歌っているのがかわいかったです。曲の最後で、ボールライトがハートに配置されていることが分かります。みんなで記念撮影。

180425 in 福岡

この画像は一番最後に、サインとコメント入りで大画面に映されたものです。撮影直後は文字なしの写真が出てきます。

14. 반칙이야 (Unfair Love)

CO2ガン(白い冷気が出てくるやつ)が置いてあって、みんなで打ち合い。2サビでガンを持つのは3人なので、中央のウォノが2丁持ちます。それがとっても嬉しい! とのこと。しかも涼しくなるので、みんな楽しいそうです。冷気が後頭部直撃の時は「ああ~」ってみんな騒いでいるけど。



MC

1日目
"PUZZLE"のMVは日本の海辺で撮影したそうです。
JH:海を見て、モンベベを思い浮かべました。→どういうこと?と聞かれて。海のように広くて深いモンベベ、ということのようです。
という流れから、大喜利大会か? みたいな感じで「海で泳ぎたい」とウォノ(?)が言い、ぎゅにたんが「溺れたい」だか「沈みたい」だかを言ったのかな? それを通訳さんが「え?」って聞き直したのが個人的にツボでした。モンエクもモンベベも「え?」ってなって、通訳さんが「失礼しました」と普通のコメント。グッジョブな通訳さんでも戸惑うことがあるんだね、さすが4次元マンネです。うろ覚えですが、面白かったので。

2日目
キヒョンは写真を撮る時いつもVサインだ、とミニョクにダメ出しされたキヒョン。ジュホン先生指導によるキヒョンのククカカいただきました。その後、ヒョヌさんとウォノくんによるジュホン先生指導の愛嬌。
WH:ぼくはだれ、ここはどこ?
そこからの、ウォノの二の腕に噛み付くぎゅにたん!! ショヌさんだけにするやつじゃなかったんだ。ウォノの二の腕も白くてモチモチしてそうで思わず噛み付きたくなるんだよね。そんなかわいいことするマンネにお兄ちゃんたちはぞっこんなんだよね! と興奮してしまいました。(←自重しろ)



15. 넌 어때 (I'll Be There)

16. From Zero

@Mwave

みんな大好き"From Zero"。サムネシーンで発狂するモンベベは普通。みんなニヤニヤだけど、1人真剣なウォノと、自分はそのパートから外れたのにニヤニヤのヒョンウォンはなぜ? 添付動画でもそうだけど、大坂でもそうでした。まぁ、そういうニヤニヤポイントは置いといて、この曲は最上級のEDMだと思っています。大好きな曲をライブで聞けてよかったです♪

17. Shine Forever (JP Ver.)



MC

次の"Jealousy"もニヤニヤポイントが多い曲ですね。特にウォノのパートの歌詞とポイントダンスが、よく盛り込んだ、っていう感じのもので。「どうしてショヌの話ばかりするの」というのがウォノが歌うというのが、何というか最高です! 最初は気付かなかったって感じなんですが、気付いたらもう聞き逃すことができないポイントです。

18. Jealousy

@Mnet K-POP

ジュホンとぎゅにたんのラップパート最後の投げキッス。音楽番組(添付動画)では、カメラに向かってやってますが、ライブではお互いに向かってやってます。何故だ! それからヒョンウォンとぎゅにたんのダンスパートも、より距離が違いです。明らかに近いです。いいぞ!



MC

次はドラマラマじゃないです! って設定でみんな話をしています。

1日目
JH:次歌うドラマラマの振り付けをしてくれた先生が今日来てくれているんです(天然純情発言)
MHなど:次はドラマラマじゃないってば!
JH:はっ! ドラマラマじゃないんだけど! 振り付けの先生が来てくれているじゃないですか。拍手お願いします。

2日目
KH:みなさん、今日は本当にドラマラマじゃないです。本当です。
MH:誰一人信じてないよ。
JH:次はドラマラマです。その通りです。(認めた!)
認めた所で、「ヘイ!」って言うのを一緒に言って欲しいとのこと。最初、一緒に「ヘイ!」って言っちゃってやり直し。ヘイは2回ある、と言われて次は成功。※添付動画の掛け声参照。



19. DRAMARAMA

@Mnet K-POP

20. SPOTLIGHT

@UNIVERSAL MUSIC JAPAN



アンコール

21. 신속히 (RUSH)

客席から全員登場で、みんな発狂状態。なんというか、モンエクのファンの子たちは、言い方が合っているか分からないけど、ガチ恋系が多いかも知れないと思いました。わたしは接触商法よりライブの方が好きなのですが、だけど触れ合いたい、より近くで見たいという衝動が強い子が多いのかもしれないな、と思いました。初日はすぐ側をショヌさん、ミニョクが通ったのですが、ショヌさんのガタイの良さ大好き、と思いました。わたしの方が通路に近かったのですが、お隣さんがミニョクファンだったので、通路の方を譲ってあげました。触っていいよ、ってタイムなので、触りたい人が触れたらいいなと思います。わたしはあまりそういうのは思わないので。なぜでしょうか? 大好きですけど! 自分がそうされたら嫌だな、というのがあるのだと思います。

MC

1日目
最後の挨拶。ミニョクは、カンペ丸覚えじゃなく、フリースタイルでトーク。韓国語で言いたいこと考えて、日本語に変換して、しゃべって、頑張ってました。一文を終えるとモンベベが拍手するので、「あってる?」と確認しながら話をしていました。ミニョクが一番努力してるところが見えるようです。ヒョンウォンは努力してるのをあまり見せないやり方が上手。基本的に7人とも発音がいいので、覚えてきた文章を話す時はものすごく流暢に聞こえてこっちがビビります。日本語を思い出そうとして、「を~、ど~、に~」などの助詞を伸ばしてつなげるとこがかわいい。バキバキに踊ってるのと正反対で、喋っている時はのんびり間延びしていてかわいいです。

2日目
ウォノ、キヒョンに指つんつんしてたら噛み付かれそうになってビビってるのかわいいかったです。んで実際噛まれたのか「ああっ」て声だしちゃって、ガタイが良いのにビビリなウォノくんかわいい。

180506 in 大坂



22. #GFYL

挨拶で、右端、左端、中央と手を繋いで一列になってトタトタ歩いていくのが超絶かわいい。そこは必ず手を繋いで行かないといけないの? って思うけど、繋いどかないといけないのかな、彼ら的には。そうなのかな。お辞儀する時は繋ぐからね、放してもどうせ繋ぐからと思えば、繋いだまま移動するのがいいのか、もしくは「かわいい」という反応を分かっていてやっているのか。後者の可能性も多分にありますが、かわいいのでずっとそうしていて欲しいです。

180506 in 大坂



経験を重ねると、人は贅沢になっていくようです。日本オリジナル曲をリリースして、イベントもライブも日本仕様で開催してくれることは大変ありがたいのですが、元々韓国でリリースした曲で好きになっているので、それを聞きたいと思ったり、カバー曲だったり、ソロ曲だったり、そういうのを本国やワールドツアーではやっている、というのを見たり聞いたりすれば、日本でもそれやってほしいなと思います。2時間半という時間はライブとしては長いほうだと思います。ソロやユニットなどを盛り込めば、それだけアルバム収録曲が披露できないのも分かっていて、ソロ曲聞きたいとか思うのは、本当に贅沢な悩みだと思うわけです。見たことのない、彼らの才能や魅力を見てみたいのです。もっともっと。もっと近くに寄りたいと言うよりも、わたしはそういう欲の方が強いです。

これからもよろしくお願いします、と挨拶してくれたので、これからも何度もツアーが組まれるかな、と思うし、そうしたら、また何度も行きたいです。とっても楽しかったし、満足なライブでした! 東京も行きたいくらいですが、東京はガッセに取っているので! 浮気者でごめんなさい!

また日本に来てね。通訳介してで全然いいので、むしろわたしが韓国語覚えるから!

毎度のこと、レポなのか感想なのかよく分からないものになりましたが、ライブ翌日にBlogを書き上げる熱量が個人的に嬉しいです(暇とも言う)。もっとエピソードがあるのですが、文字数と語彙力が追いつかず、これくらいで失礼します。

また来てねモンエク!


180505 in 大坂